モバイルアプリのセキュリティ機能をワンクリックで簡単かつ迅速に適用して、
実行可能ファイルを暗号化し、ハッキングを防止するモバイルアプリのセキュリティサービス

お問い合わせ

BROCHURE

  • 簡単ウエブ適用
  • 実行ファイルの暗号化
  • アプリ整合性検証
  • 決済迂回探知
  • 不正ツール遮断

製品紹介

ウェブコントロールシステムにモバイルアプリをアップロードして、より簡単かつ迅速にセキュリティ機能の適用が可能になります。
20余個の様々なセキュリティ機能がリアルタイムで設定可能になるためより便利です。

機能

実行ファイルの暗号化
アプリ整合性検証

JAVAコードでの作成及びコンパイルされた実行ファイルを暗号化して、リパッケージを遮断しモバイルアプリを安全に守ります。


• 実行ファイル暗・復号化
• 実行ファイル及び署名偽・変造検出

AES, RSAアルゴリズムを使用した暗・復号化してアプリの整合性を検証します。



• AES, RSA アルゴリズムを使用した暗・復号化
• システムライブラリ攻撃可否検査及び検出
• アンドロイドネイティブライブラリ、フレームワークの整合性チェック

ルーチン/カスタムROM
アプリ改ざん・決済迂回探知

管理者権限で実行されるハッキングツールを遮断し、カスタムROMを探知してコンテンツを安全に守ります。

• 管理者権限で実行されるハッキングツール監視及び遮断
• セキュリティモジュールロード後、ルート権限で動作するプロセス監視
• カスタムROM探知でコンテンツ保護

モバイルアプリの改ざんやGoogleの決済モジュール迂回行為を探知して、決済をせず、不正的なアイテムやコンテンツを改ざんする行為を遮断します。


• 実行コード改ざんを利用したGoogle決済迂回行為探知
• メモリ領域改ざん探知

不正ツール遮断
サーバー認証

モバイルアプリのコンテンツを損傷させる様々な不正ツールを探知して遮断します。



• スピートハック動作探知
• マクロを使用したタッチイベント探知
• エミュレータ実行可否探知

サーバー認証システムでモバイルクライアントの正常動作を監視します。



• 自体保護
• AppGuard迂回及び強制終了防止

特徴

簡単ウエブ適用

ウエブコントロールシステムにアプリをアップロードしてOn-Clickで簡単かつ迅速にセキュリティ機能が適用できます。

① nProtect AppGuard Manager ServeにAPKをアップロード

② On-Click AppGuard適用

③ AppGuard適用済みのAPKをダウンロード

ウェブセキュリティ機能の設定

ウェブコントロールシステムより様々なセキュリティ機能が設定できます。

• 20余個の様々なセキュリティ機能のリアルタイムでの設定
• Black List、特定のエミュレータの許容などセキュリティポリシーの設定

レポート

nProtect AppGuardが適用されたモバイルアプリの様々な統計、分析情報を提供してより円滑なモバイル運営環境をサポートします。

• リアルタイムセキュリティレポート、ハッキング行為詳細分析
• 期間別、端末別、有形別不正ツール及び政策違反行為レポート

プラットフォーム互換

nProtect AppGuardはAndroidやiOSプラットフォームいずれも対応します。

使用環境
Google Android
  • 実行環境 : Android 2.3(Gingerbread)以上、全機種
  • 開発環境 :Eclipse, Unity 3D, Unreal Engineなど様々な開発環境
Apple iOS
  • 実行環境 : iOS 5.0以上、 iPhone·iPad全機種互換、iPod 4世代以上
  • 開発環境 : Xcode 5.x以上 / Objective-C / Swift
モバイルアプリのセキュリティ機能をワンクリックで簡単かつ迅速に適用して、
実行可能ファイルを暗号化し、ハッキングを防止するモバイルアプリのセキュリティサービス

お問い合わせ

BROCHURE